携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

ドルフィンスイムツアー報告2007年6月

■2007年6月29日〜7月1日 第7回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ風が強く、着岸できるかギリギリまで分からない状態でしたが、なんとか予定通り御蔵島に到着!ただし、港に向かって吹く風が強く、午前中予定していたドルフィンスイムスクールは中止。よって時間を繰り上げ早めにドルフィンスイムに向かいました!早い時間だからか海は私達の船で貸しきり状態!黒潮がばっちりあたっていたので水温は26℃前後と快適(^o^)出発5分後には最初のイルカに遭遇し、早速エントリー!最初のイルカは浅いところまであがってきて一緒に遊んでくれました!胎児シワのある赤ちゃんイルカのいる群れや子供を連れた群れが多く、大小のカメやトビウオにも遭えました!

イルカ次の日も赤ちゃんを連れたイルカに何度か遭遇したのですが、赤ちゃんを連れたイルカはそのままゆっくりと通り過ぎるのみで、周りにいるイルカたちが一緒に遊んでくれました!どの群れもあまり長い時間遊んではくれませんでしたが、20頭以上もの群れや、水底で1頭で遊んでいるイルカなどなどとってもかわいかったです!

今回はなんと2日目・3日目とカツオノエボシにまで遭遇してしまい、3名が刺されてしまいました・・幸いスーツを着用していたので、刺された範囲も狭く、薬を塗ることで事なきを得ました。これからドルフィンスイムなど海に出かける皆さん、水温が高くても身体を守るために是非ウェットスーツ着用してください!

イルカ イルカ イルカ イルカ


■2007年6月22〜24日 第6回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ今回の出港は三宅島ですら条件付でしたが、無事、早朝御蔵島に着きました!

梅雨前線で海が荒れたにもかかわらず、透明度は抜群でした。黒潮の分流があたっていたようで、23℃と先週よりも3℃近く水温が上昇してました。
もちろん、クラゲも流れ去っていました。

イルカイルカ左上の写真のように、親子のイルカ、今年生まれた胎児線のある赤ちゃんイルカも観察されました!毎年この時季、よく観察されますが、とても可愛いですね!!
左右の写真はお客様とイルカです。

イルカイルカ

今回は親子、メスのグループも見れましたが、若い雄のグループの絡み合い行動がメチャ、多かったです。
どこもかしこも、で、興奮気味のイルカはなかなか遊んでくれませんでししたが、この絡み合いに巻き込まれると、かなり怖いです。

一度、巻き込まれて、水面で固まって動けなくなった事がありました!こんな時は、遠めに生態観察に徹した方が良いですね。これは、野生のイルカでしか観察できない、貴重なシーンですしね。

イルカ イルカ イルカ


■2007年6月15〜17日 第5回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ今回は梅雨に入ってすぐでしたが、いきなり快晴!梅雨の中休み(?)にあたり、最高の天気でした。御蔵島には珍しく、雲がひとつもありませんでした。
御蔵島への来島者も120名と夏のようでした!今年の週末はこれが続くそうです。

今回参加の皆さんは、全員ダイバーということで、午前中のドルフィンスイムスクールはなしだったので、他の船が少ない12時ごろ出発!海も夏のように静かでした!最高!!初日最初のドルフィンスイムはかなり長時間、イルカたちが遊んでくれました。
イルカイルカ私は船の上から様子を見ていたのですが、泳ぎたかった!!

今回も多くのイルカたちが出迎えてくれました!1時間ぐらいは良く遊んでくれたのですが、途中から休憩に入ったのか、あまり人間の相手をしてくれません。船も段々増えてきたので、14時ごろ修了。早めに終わったので、皆さんと一緒に、湧き水を汲みに行きました。

イルカ イルカ イルカ イルカ

イルカ2日目も他の船が少ない早朝に出発。この日はうねりが高く、島の浅いところはかなり波が立っていました。で、イルカたちがそこで遊んでいる。人間が近づけない場所です。前半はドルフィンスイムと言うより、ドルフィンウォッチングをしていた感じです。が、最後の最後(普通2時間ですが、2時間半、やってもらいました。船長に感謝)とてもよく遊んでもらえました。

イルカ私もとても珍しい観察と経験がきました。1頭のイルカがビニールで遊んでいて、これは特に珍しい光景ではないですが、そのビニール、輪になっていて、それを水中に漂わせ、その真ん中に鼻を通し、イルカの首辺りまで通してしまいました。そのまま、素面に向かってジャンプ!犬が首輪を嫌がるように、イルカも嫌がっているのかと思ったら違ったようで、お腹を上にして、キック1発、そのビニールから抜けて、また尾びれや口で遊んでいました。
そのうち、それを私の前に置いていったので、受け取ると、気になるようで私の周りから離れません。 ビニールを差し出した格好でぐるぐる回ると、イルカもそれを追っかけてぐるぐる回る。しばらく繰り返したのですが、私が手を離さないので、怒ってしまったようです。何度も振り向き口をあけなかが遠ざかっていきました。15年以上イルカと泳いでいて、海藻で遊んだ事は何度もありますが、こんな光景、経験は初めてでした。

イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム お客様の声
スクーバダイビング
その他情報
フリーダイビング

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら(tokyo.d.c@nifty.com)
03-3686-6617

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約