携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

ドルフィンスイムツアー報告2007年8月

■2007年8月30〜9月1日 第18回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ予報では雨、曇りということでしたが天候に恵まれた御蔵島ツアーとなりました。午前中はドルフィンスイムトレーニング、港の中で、かなり透明度が良く、楽しくトレーニングできました。
到着日の午前中、7月にも会えたマエカケ親子。今回の様子で親子であることが確信できました。

イルカこの日はメスと子供のグループに会えたので、のんびりとした雰囲気でしたが、イルカ達が少々疲れ気味。今年は海が荒れることが少なく、波乗りが出来ないのでストレスがたまっているのかも。荒れないということは、人がたくさん入っているということ。それも、疲れ気味の原因でしょうか。

2日目はオスのグループと泳ぎました。オス同士で遊んでいるので、なかなか相手にしてもらえなかったのですが、タイミングが合うとこちらに向かってきます。あまりにも興奮している状態のイルカ達の場合は無視されちゃいます。それでも、何頭かはかならず、こちらに視線を向けてくれます。へんなやつがいる、ぐらいの感じで見ていると思います。で、こんな時はこちらのドルフィンスイムが上手なら一緒に泳いでくれます。

イルカ イルカ イルカ イルカ


■2007年8月26〜28日 第17回ドルフィンスイムツアー

イルカ今回は風も波もほとんどなく、多少雲がかっているものの抜群のコンディション!予定通り御蔵島に上陸し、午前中は練習。港にもたくさんの魚がいて、時には一面ソラスズメダイで向こうが見えなくなるほど!入り口付近にはタコもいました(^O^)

イルカ午後は早めにドルフィンスイムに出発!出発早々イルカの大群に遭遇!!ボート上からでも20頭くらいは確認でき、水中にはもっとたくさんのイルカが!!2回エントリーし、皆たくさんのイルカに囲まれました(^0_0^)
折り返し地点ではマエカケが小さな赤ちゃんイルカを連れて泳いでいました!その後も何度かイルカの群れに遭遇でき、たものの、イルカと一緒に泳いだり写真を撮ったりするものの、なんと船上では次から次へと船酔いの連鎖が・・睡眠不足と暑さが体にこたえてしまったのでしょうか(T_T)無念・・

イルカ最終日。この日はしっかり睡眠も取れ、皆元気よく出発!前日より風がでてきて波もあったのですが、船酔いもなく皆無事にドルフィンスイムを楽しめました!この日はイルカだけでなく、カメやエイにも遭遇(^O^)
絡み合いのイルカが多く、水面付近でぶつかり合ったり、尾びれに噛みついたり、水面をなんども尾びれでたたいたりととにかく激しい!!ただし、中には体をすり寄せ合っているかわいらしいイルカも見かけました。水底で遊んでいるイルカが多く、あまり遊んでもらえないのかと思いきや、潜っていくとこちらにどんどん近づいてきて、水面近くでくるくると回って遊んでくれます!が、いい気になって近づきすぎたら大口をあけて威嚇されました。。イルカさんごめんなさいm(__)m

イルカ島の反対側に周ると全然イルカに遭遇できずだったので、その分透明度が抜群によい、そして亀の出現率が高い場所でスノーケリング。ここでは3匹のカメに遭遇し、またたくさんの魚をみて帰ってきました!

最終日は皆既月食がみられるということだったので、帰りの船の中皆で月を探したものの、見られたのは雲に隠れ気味の綺麗な夕陽と、雷・・大雨と雷のおかげで皆既月食をみることはできませんでした(T_T)6年後に期待します。。

イルカ イルカ イルカ イルカ


■2007年8月24〜26日 第16回ドルフィンスイムツアー

イルカ今回は三宅島泊の御蔵島ドルフィンスイムツアーでした。
三宅島は私たちがお世話になった島なので、早く昔のように戻ってほしいです。

イルカ到着日、ゆっくり仮眠朝食(三宅島利用の良いところ)をして、午前中は大久保浜でスノーケリング。午後から御蔵島へ出発!この夏一番の静かな海に恵まれ、40分かからず御蔵島へ到着。
すぐにイルカの群れに会えました。8月のイルカには珍しいぐらい良く遊んでくれました。しかし、カメラが不調でシャッターが落ちない、のでこの日の写真はなんとなくこちらを気にする親子のイルカのみ。残念!皆様、申し訳ございません。

イルカイルカ左の2枚の写真は連続写真です。イルカの傷で判ると思います。

下のイルカの左右のヒレが代わっているのが分かりますか?イルカたちはこのようにお互いの体にふれあう行動も良くしています。
それが親子の場合もありますし、メス同士、オス同士でもあります。接触行動が好きなようで、お互いを確認し会っているとも言われています。

カメラの調子が悪くこのぐらいしかお見せできる写真がありませんでした。
これも、ガムテープで直したぐらいで、カメラ、今週中にオーバーホール。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました&写真、申し訳ございませんでした。


■2007年8月21〜23日 第15回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ南西の風10m、波の高さ3mという悪条件の中、東海汽船の船長は御蔵島に着岸してくれました!もしかしたら竹芝に逆戻り!?と心配していたのですが取り合えず到着して良かった!ただやはり風が強く、海には白波が立っていたので、到着日の午前オプションドルフィンスイムは中止しました。トレーニングも1時間程度で切り上げ午後に備えます。午後になっても風は止まず、出発してもひたすら船の上で風と波に耐え・・・。イルカの群れにも全く会わず元根まで来てしまいました。その先は更に風・波共に状況が悪かったので桟橋方面に引き返します。桟橋を過ぎ、白滝方面に進んでいくと・・・いた!!やっとイルカの群れに会えました!!イルカ達は私達のかなり傍をスピードを出して通り過ぎていきます。トビウオを追いかけていました。波がかなり高い所に居たため、やはり今日は早めに宿へ引き返しました。

イルカ海は悪くともお天気はかなりいいので、余った時間は御蔵島内を散策しました。降水量の多い御蔵島には湧き水を汲める場所があるので、各自ペットボトルを持参し水汲みに行きました。そこでは地元の子がビニールプールに水を貯めて遊んでいます。真水だからそうとう冷たいはずですが、パンツ一丁で何のその!島の子はたくましいですね。

イルカ二日目の早朝は風が多少和らぎ6mになっていました。今日こそは!と海に出て行きますが、・・・あれあれ??島を3/4周するもイルカを見かけません。一体イルカはどこへ行ってしまったのでしょうか。と思っていたら大きな群れを発見!!エントリーしていくとイルカは通り過ぎず皆の周りをクルクル回り遊んでアピール。しかも1頭だけじゃなく数頭に囲まれてクルクル♪♪♪一度通り過ぎたイルカも戻ってきます!中にはジージー言って私達を観察しているイルカもいました。他の船は居なかったので私達だけでゆっくりたっぷりイルカ達と遊べました☆一日目はどうなることかと思いましたが、暖かい海でイルカと遊べて良かったです!本当に皆さんお疲れ様でした!

イルカ イルカ イルカ


■2007年8月16〜18日 第14回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ今回は早々と条件付がない出航と決まり、快適に御蔵島に向かいました!
到着日も、次の日も天気は良かったのですが・・・
出発前からわかっていたことなのですが、黒潮が東へ移動したため透明度が悪くなっていました。
それと、水温が下がり24〜26℃ぐらいになり、クラゲも流れ着いていました。

イルカ左の写真は船長さんが沖の綺麗なところまで連れて行ってくれてスノーケリングしたときの写真。水深5mぐらいから撮影していますが、雲がなんとなくわかるぐらい綺麗でした!イルカはいませんが。

で、イルカはというといつも通りたくさんいます!たくさん泳いでいるのですが、なかなか遊んでくれませんでした。泳ぐのが速くて、人間を相手にしてくれません。それでも、2回ほど絡んで泳いでくれましたが。
写真を見ると速く泳いでいるのが分かります。(写真、失敗です!ごめんなさい!)

イルカ イルカ イルカ イルカ

イルカ帰りですが、急にうねりが入り始め、東海汽船にのれるかどうか?という状況でした。

帰路、次の島三宅島ではなんと、緊急避難港である伊ケ谷港に!初めての利用で船長さんも島の人も大慌てだったようです。(写真は伊ケ谷港)


■2007年8月13〜15日 第13回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ今日の竹芝はお盆突入初日目ということもあり、かなりの人手が在りました。お天気、波も上々で夏らしい雰囲気の中御蔵島へ。1日目のト゛ルフィンスイムは海貸切状態!!船はたくさんいたのですが、船長さんのお陰で船が居ない場所でたっぷりイルカと遊べました。今日会ったイルカ達は♀の群れが多くいて、産まれてまだ数ヶ月の小さな子イルカを抱えた親子がよく遊んでくれました。途中その中に♂イルカが入ってきて、子イルカを大きな口を開けて追い掛け回します。危険なので直ぐに船に戻りました。♂の群れは移動中なのか、絡みながらスヒ゜ート゛を出して通り過ぎていきます。水中で見ると大迫力です!イルカだけでなく海亀にも沢山会いました。十数匹はいましたよ!?

イルカイルカ夕飯まで時間があったので「イルカの見える丘」や、ヘリホ゜ートの先にある橋までお散歩。夜はヘ゛ルセウス流星群の観察をしに行きました。

2日目は朝7時に海へ出て行きました。イルカの群れを探している合間、潮の流れや雲の動きについて説明をしていただきました。御蔵島にはいい教材がいっぱいです。
黒潮が徐々に東に反れたせいか、海の中は透明度が落ちてきましたがイルカはごっちゃり!30頭くらいの大きな群れに会いました。潜るとあっちにもこっちにもイルカ、後ろからも次々とイルカが通り過ぎていきます。今日も子シャクレに会いましたよ。ただ遊んでくれるというよりも群れの社会活動を邪魔されないように囮になっているようでした。囮になるイルカは、群れを先に行かせる為に自分が人を引き付けます。

他の船が居ない海でゆっくりイルカと遊べた2日間でした!!皆さんお疲れ様でした☆

イルカ イルカ イルカ イルカ


■2007年8月10〜12日 第12回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ今回は気温30℃以上、水温26〜28℃のほぼ(ちょっとだけところどころに雲あり)快晴の真夏日!!午前中仮眠をとってから全員で海に練習へ。その後少し早めにドルフィンスイムに出発!多少うねりがあったものの水面はとっても静か!イルカの背びれがよく見え、出港から10分程で最初のイルカの群れを発見!初回はあまり遊んでもらえなかったものの水は透き通り、ばっちり間近でイルカを観察。その後立て続けにエントリーしたものの、素通りするイルカばかりでした・・あげく他の船がたくさん集まってきたので、イルカを求めて場所移動。それが功を奏して船が1隻もいない海でイルカを発見!!ちょっと大きくなったイルカを連れた群れや、若いイルカの大群がいて1時間近く貸しきり状態でイルカと遊ぶ事ができました!イルカ

イルカ2日目。早々にドルフィンスイムに出発!この日は昨日とは打って変わって透明度が悪く、イルカを見つけて海に入ってもどこにいるのか全く分からず・・かと思いきやいきなり目の前に現れたり、水底をのんびり泳いでいたり。しかもやはり他の船が多いので、またしてもちょっと場所を替えて捜索。透明度がいくらか回復している場所でイルカを発見!!今回も他の船は1隻もおらず、しかもイルカはたくさんいるうえに遊びたがり(^○^)潜ったりくるくる周ったり、子供イルカと遊んだりと大満足の時間でした!
イルカさらに子供連れの魚を加えたイルカも発見!かなり大きなな魚をくわえていました。どうやって食べるのだろう??

今回は遊んでくれるイルカ、赤ちゃんイルカ、魚をくわえたイルカ、ジャンプするイルカ、尾を水面にたたきつけるイルカなどさまざまなイルカの姿を見ることができました!

ご参加いただきました皆様、暑い中本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございました(^○^)

イルカ イルカ イルカ イルカ


■2007年8月3〜5日 第11回ドルフィンスイムツアー

イルカイルカ今回はドルフィンスイム・ダイビング・オープンウォーターの大所帯で三宅島に行ってきました!台風の影響で海の様子がちょっと心配でしたが。
午前中ドルフィンスイムとシュノーケリングに分かれて海へ。シュノーケリングはダイビングポイントにもなっている大久保浜へ行きました。波はありましたが水温は27℃と快適!根の始まりの所には巨大フエフキが悠々と泳いでいました。

午後はそろって御蔵島までドルフィンスイム!午前中はかなり船が揺れたようなので皆酔い止めを飲んで準備万端で臨みました。島で風がブロックされている場所は波も高くなく、ほっと一息。黒潮のおかげで透明度もよく、船の上からでもどこにイルカがいるかはっきり分かります。まずは二頭のイルカがお出迎え。二頭とも皆が入ってくるのを船の前でクルクル泳いで待っています!一斉に入ると人の合間を行ったり来たり、15分くらい離れず側で泳いでくれました★丁度遊びたい時間に当たったんですね!その後は小さな子供連れのイルカがいたり、小魚を追いかけてるイルカに会えました。

イルカ 一所懸命泳いだ体を温泉でゆっくり癒し、夕食は天ぷらやチマキ等でお腹いっぱい〜
夜は火の山峠まで満天の星を見に行きました。雲がはけていたので天の川も流れ星もくっきり見えましたよ!

イルカイルカ二日目は昨日より多少波が落ち着いていました。今日出会ったイルカ達は、皆そろってお食事中。水面下はキビナゴだらけ。あっちもこっちもイルカがキビナゴに夢中になっていました。超音波を当てて失神している隙に「パクッ」、水面まで追い詰め下から「パクッ」、放しては「パクッ」、また放しては「パクッ」と遊んでいるイルカも。
人も多かったのですが、イルカに遊ぶ気がないので側に来たときに近くに行って観察する、という感じでした。

台風の影響が心配されていましたが、お天気は良く、イルカとも遊べて満足!のツアーとなりました。皆さん大変お疲れ様でした。ご参加どうもありがとうございました!


■2007年8月1〜3日 第10回ドルフィンスイムツアー

台風のため中止です。花火大会だったのに残念です(>_<)

イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム お客様の声
スクーバダイビング
その他情報
フリーダイビング

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら(tokyo.d.c@nifty.com)
03-3686-6617

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約