携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

紫外線について知りたい方へ

サンゴと魚

紫外線カット、紫外線対策、紫外線指数など「紫外線」という言葉をよく耳にしますが、紫外線とは一体なんなのでしょう?

紫外線から身を守るためには、まずそれを理解しないといけません。
対策を怠ると、シミやソバカスができるだけでなく、大病につながる危険性もあります。

紫外線を理解し、正しい方法で紫外線対策を行いましょう。

太陽が放つ光線

太陽が放つ電磁波には、有害なものから治療に使われるものまで色々あります。

太陽 可視光線 一般に私たちの目に見える光。波長の短い紫色から波長の長い赤い色まで。
(虹の七色を見るとわかります。)
赤外線 波長が赤より長い光。つまり赤の外にある光線。体の奥深くまで入り、暖めたりします。波長の短いものを近赤外線、長いものを遠赤外線といいます。
紫外線 A波 波長が長く、パワーが弱い。透過性が高いので、窓ガラスや雲なども通すので、室内や曇りの日でも日焼けを起こします。しわ・しわの原因となります。
B波 中波長、パワーが強い。透過性は低いので、ガラスなどは通さないが、肌へのダメージは大きい。しみ・そばかす、皮膚がんの原因となります。
C波 短波長、パワーがとても強い。オゾン層によって吸収れ、地表には届かなかったが、近年オゾン層が破壊されてきていることで、地表にも届き始めているのが問題となっている。破壊力が大きく、殺人光線ともいわれています。
その他

A波とB波を比べてみよう

一般的に地表まで届いているといわれる、紫外線A波と紫外線B波。
一体身体にはどのような影響があるのでしょう。

 

A波

B波

太陽光線中の割合

15 1
皮膚の
通過度
30〜50%が表皮を通過し、真皮(肌の深い部分)まで到達 表皮内でほとんど散乱、吸収される

特徴

波長が長く真皮層にまで到達し、肌を黒くします。
雲や霧、窓ガラスを透過するため、日常生活の中で、知らない間に紫外線による障害を蓄積します。

主に表皮層に作用、その働きは急激で赤く日焼けします。
雲や空気中のチリなどに吸収されやすいため、曇りや雨の日や冬は量が少なくなります。

皮膚の
影響

表皮

・サンタン(1次黒化)
皮膚の中に普段から存在するメラニン色素が酸化されて一時的により黒くなる
・サンタン(2次黒化)
紅斑(赤み)が起こらずにメラニン色素が生成され色素沈着が起こる
・B波紫外線の悪影響を増大させる
・サンバーン
皮膚に起こる紅斑(赤み)や水ぶくれ等を起こす
・サンタン(2次黒化)
2〜3日後、赤みがひいた後にメラニン色素が生成され色素沈着が起こる
・破壊された表皮細胞を修復する過程で角化異常が起こるため、皮がむけたり、肌あれを起こしたりします。角質層が厚くなり角質層中の水分が減少し肌あれ状態に

真皮

・真皮の線維(弾力線維・コウ原線維)を、変化させます
・B波紫外線の悪影響を増大させる
・真皮の線維(弾力線維・コウ原線維)を、変化させる

紫外線の強い時季・時間

紫外線は、その場所・時間・季節・天候などによって、強さが全く異なります。
では、どのくらい違うものなのでしょう。

  • 紫外線の強い時季:4〜9月(年間紫外線照射量の7〜8割)
  • 紫外線の強い時間:10〜14時
  • 雨の日は晴天時の30%以下、曇りの日は晴天時の約60%以上
  • 早朝・夕方は昼間の約10%
  • 高度が100m上昇する度:約13%増加(紫外線が途中で散乱したり、吸収される量が減少するため)
  • 照り返し:砂浜10〜25%、アスファルト10%、水面20%以上、新雪80%、土や草地10%以下

紫外線対策

家から一歩も出なければ、ほとんど紫外線を浴びる事はありませんが(ただし、紫外線はガラスを透過しますので、窓際にいれば浴びてしまいます。要注意!)、そんな事はまず不可能。何気なく外に出る時(洗濯物を干す、買い物に出かけるなど)でも、なるべく肌を直接日にさらさないように気を使いましょう。

サングラスをかける
・フレームが大きく顔にフィットしているもの(目をしっかり覆う)
・淡い色のもの(濃い色の場合瞳孔が開き、光が目に入りやすくなる)
・UV加工が施されているもの
帽子をかぶる
・つばが全体にあるもの
・つばが広いもの
日傘をさす
・UV加工が施されているもの
・色の濃いもの
肌の露出を少なくする
・薄手の長袖を着る
・色の濃いものを着る
・ポリエステル生地のもの(生地そのものがUVを吸収)を着る
日焼け止めの使用
・普段外に出かける時も日焼け止めを使用する
・海やプール、または汗をかくような時はウォータープルーフタイプを使用する

紫外線の及ぼす大病

紫外線を必要以上に浴び続けると、細菌やウィルス・病気から体を守る免疫機能が低下します。ひどいときは下記のような病気にまで発展しかねません。少しでも不安のある方は、一度お医者様にみてもらう事をお薦めします。

  • 皮膚がん
  • 紫外線角膜炎
  • 白内障
など
イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム お客様の声
ダイビングスクール
ダイバーのためのダイビング情報
マナティと泳ごう!
アシカと泳ごう!

TokyoDivingCenter Blog

三宅島スタッフの日記やツアー報告などなど!
ムービー付きの報告もあります!

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら
03-3686-6617/050-3400-0179(@nifty-Cフォン)提携ISPをご確認ください

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約