携帯サイト お問合せ TDCへのアクセス サイトマップ スタッフ紹介

アシカについて

アシカとは・・

鰭脚類 アシカ亜目 アシカ科(14種類) アシカ亜科(5種類) オーストラリアアシカ
ニュージーランドアシカ
カリフォルニアアシカ
トド
オタリア
オットセイ亜科(9種類) ミナミオットセイ(8種類)
キタオットセイ(1種類)
セイウチ科(1種類) セイウチ亜科(1種類) セイウチ
アザラシ亜目 アザラシ科(19種類) キタアザラシ亜科(10種類) ゴマフアザラシなど
ミナミアザラシ亜科(9種類) ミナミゾウアザラシなど

オーストラリアアシカ

オーストラリアアシカ

和名:オーストラリアアシカ
英名:Australian sea lion
学名:Neophoca cinerea

体長:オス約200cm/メス約150cm
体重:オス約300kg/メス約250kg
寿命:25〜30歳
主食:魚、頭足類。ときおりペンギンを捕食する事もある。
生息地域:オーストラリア西部、南西部
生息数:2,000〜3,000頭

出産後度6〜7日後には次の交尾が行われます。
妊娠期間は10〜12ヶ月。

アシカの臍●臍(へそ)

哺乳類ですからもちろんお臍(へそ)があります。

●オスとメスの違い

メスは背中側が銀灰色、お腹側がクリーム色。
オスは濃い黒褐色で身体が大きい。
尾の付け根に肛門がありますが、そことお臍の真ん中あたりに生殖穴がるのがオス(穴の中に生殖器が収納?されています)、肛門に近い場所に穴(生殖器)があるのがメスです。
ちなみに。子供はチョコレート色で頭頂部が明るい色をしています。

比較その1(鰭脚目):アシカとセイウチとアザラシ

比較項目 アシカ科(14種) セイウチ科(1種) アザラシ科(19種)
体長 オス145〜290cm
メス120〜240cm
オス270〜320cm
メス250〜270cm
オス130〜500cm
メス115〜300cm
体重 オス65〜1,000kg
メス25〜270kg
オス800〜1,600kg
メス560〜830kg
オス60〜2,400kg
メス45〜680kg
耳たぶ ある ない ない
ない 2本の牙。
オス30〜60cm/メス20〜40cm
ない
陸での移動方法 身体を起こして移動出来る 身体を起こして移動出来 這うように移動する
前ヒレ 非常に大きく、爪が小さい 非常に大きく、爪が小さい あまり大きくなく、鋭い爪
泳ぎ方 前足旋回させて泳ぐ 前足・後足とも使って泳ぐ 後足を使って魚のように泳ぐ
主食 魚、頭足類 貝、甲殻類 魚、頭足類

比較その2(アシカ科):アシカ亜科とオットセイ亜科

比較項目 アシカ亜科 オットセイ亜科
体長 オス200〜290cm
メス150〜240cm
オス145〜235cm
メス120〜180cm
体重 オス270〜1,000kg
メス90〜270kg
オス65〜700kg
メス25〜120kg
1本の長い毛に対し5本の短い毛 1本の長い毛に対し約50本もの短い毛
吻端(ふんたん) 丸みを帯びている ツンと尖っている
生息環境 海洋(沿岸性) 外洋性
●外耳 ある ない
●脚 短い 長い

比較その3(アシカ亜目):アシカ属3種とトド属とオタリア属

アシカ3種:オーストラリアアシカ属、ニュージーランドアシカ属、カリフォルニアアシカ属
比較項目 アシカ3種 トド オタリア
体長 1.5〜2.2m 3〜3.3m 2.3〜2.8m
体重 90〜400kg 585〜1120kg 300〜350kg
吻端(ふんたん) 丸みを帯びている アシカとオタリアの中間型 平べったく四角い
イルカと遊ぼう!ドルフィンスイム お客様の声
ダイビングスクール
ダイバーのためのダイビング情報
マナティと泳ごう!
アシカと泳ごう!

TokyoDivingCenter Blog

三宅島スタッフの日記やツアー報告などなど!
ムービー付きの報告もあります!

TokyoDivingCenter facebook

Tokyo Diving Center

TokyoDivingCenter 携帯サイト

東京ダイビングセンター携帯サイトQRコード

東京ダイビングセンター 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-25-9-102 メールはこちら
03-3686-6617/050-3400-0179(@nifty-Cフォン)提携ISPをご確認ください

Copyright (C)Tokyo Diving Center All rights reserved.     利用規約